車 中古 買取

売るなら下取りよりも中古車買い取り業者へ

新車の乗り換えで、引っ越しで、維持費が高くつくから、古いものを整理しようとする事もあるかと思います。
そんな時、ディーラーへ行って下取りしてもらう場合と中古車の買取業者に持っていく場合、どれ程差額が生じるかはご存知でしょうか。
人気の機種・高級車なら100万円以上差額が発生する場合もあるのです。
ディーラーがの下取りがなぜ安いのか、理由は簡単です。
ディーラーは「売るのが専門で買うのは業務外だから」です。
本職以外は仕事をしたくないのです。
むしろ、差も下取り価格が低そうに見せてここまで頑張っているのです、というパフォーマンスで安く買い叩いてオークションで高く場合もあります。
逆に、他社の機種だと売値が付かないこともあるので、安く買って安く売る目的で、安い下取り価格を提示される場合もあります。
それなら、高く買って高く売ってもらった方がいいでしょう。
そんな時に活用したいのが、ネットの一括査定です。
まず、ネットで出来るだけ多くの会社で見積もりを取ります。
査定は無料、時々クオカードがもらえます。その値段をもとに、ディーラーに行きます。
提示される値段を比較してみて下さい。
時々爆笑する位な値段のが違いが出ます。
それから、中古車買取業者に行ってください。ここでは初期の付属品は戻しておきましょう。
また、オプション装備の場合、査定値段が上がる事も多いので、査定時にはここぞとばかりに申告してください(ウザがられない程度にお願いします)。
また、持ち込むのは、ネット査定で高額を提示してきた会社がいいかと思います。
数社同時に査定するのも、競争意識から高値を付けるぽいんとでもあります。
実店舗に持ち込むのは、何か問題があった時の為です。
初めに確認を取っておけば、後からトラブルが起こるのを防ぐことが可能です。
始めに実店舗でどこがマイナス査定されるのかわかれば、改善できる場合もあります。
ここで、再度ディーラーに持ち込み、競合していることを匂わせると価格が変わったりします。
何社か回って最高額の業者に売りましょう。手間を惜しまない分、メリットは大きいです。
皆さん、車を売るならぜひ一度試してみて下さい。